シャンパーニュ・アルデンヌ

フランス人に聞いてみた!シャンパーニュ・アルデンヌの田舎と北海道の美瑛の田舎風景は本当にそっくりなの?

こんにちはひらのたけしです!

シャンパーニュ・アルデンヌの田舎暮らしの素晴らしさをお伝えしている僕なんですが、最近うすうす気付いたのが「フランスの田舎は遠い」ってことなんですよ。僕もそう思います。ウンウン。

もし、遠いフランスに行かなくても北海道の美瑛で「フランスの田舎っぽい風景」を楽しめるんだったら、北海道に行きますよね?

実際に知り合いから言われたんです。

ひらのさんがやってる『フランス・シャンパーニュの田舎暮らし宿』って、日本から遠いし飛行機代かかるよね。でも、景色を楽しむなら北海道の美瑛でも良いんじゃないかと思う。フランスっぽい景色だし、なにより安い。」

さすがにフランスの田舎と北海道の田舎は大差ないと言われると、胸がモヤモヤする。でも、ぼくは北海道に行ったことがないので、うまく説明できなかったんです。泣く

そこで、北海道とフランスの田舎は本当に似ているのか?を検証すべく、2017年8月のお盆休みに家族で北海度の田舎風景で有名な美瑛町に行って来ました。

風景を構成する3要素

僕、美瑛に来て気づいたんですが、

風景は何から構成されているのか、それは3つの要素があるとおもいます。

・地理(地形) 

・建物

・風土

この要素が1つでも似ていると、風景が似ているように思えるかもしれません。風土はその場に行かなきゃわからない要素かもしれなせんが。

フランス人の妻も一緒に行ったので、フランスの田舎育ち出身者からの貴重な意見を聞いてみました。

*美瑛町は一般的に美瑛と言われているので、ここから美瑛と統一したいとおもいます。

美瑛とシャンパーニュ・アルデンヌの田舎風景を画像で比較

夏の日差しで麦の色が鮮やかですね。麦わらロールもフランスの田舎ぽさが出ています。

美瑛よりも丘の傾斜がゆるやかで、平地が多いのがシャンパーニュですね。

うねった丘が日本と思えない演出ですね。さすが美瑛の風景。

どこか暗くて乾いた空気を感じないですか?抜けるような明るさではない雰囲気がシャンパーニュ・アルデンヌなんです。

丘の極端なうねり具合はthe美瑛と言っていい風景。

シャンパーニュ・アルデンヌも丘から覗く風景はキレイ、建物が入るとヨーロッパ感がグッと出ますね。

所々に森があるのもシャンパーニュに共通してる。

そろそろどっちかわからなくなってきたかも…….?

平地と丘と森のバランスは美瑛と共通していますね。

ゆるやかな傾斜に麦畑が広がっていますね。

綺麗な菜の花畑ですね。「ここは美瑛」って言っても納得する風景ですが、ここはシャンパーニュ・アルデンヌです。

美瑛とシャンパーニュ・アルデンヌの風景画像を比較してみて

さすが、ヨーロッパ風の田舎風景で有名な美瑛だけあって、とてもキレイでした。絵画のような雰囲気さえ感じてしまいます。観光客が押し寄せる理由も納得ですね。

フランス人妻に美瑛の田舎風景の感想を聞いてみた

初めて美瑛に来たけど、実家のアルデンヌに帰ってきたみたい。平地と丘の雰囲気とかアルデンヌ感でてるし、家畜用の麦藁ロールが農地に転がってるのなんて実家の農地を思い出す(笑)。写メ撮ってお母さんに送ろ!

美瑛の田舎風景はフランス育ちの妻も太鼓判を押す「日本でフランスの田舎風景が見れる場所」でした。

フランス人妻に美瑛とシャンパーニュの田舎風景の違いを聞いてみた

美瑛の風景は本当に私の実家に似ているんだけど、どこまでも広がる大地っていう広大さはアルデンヌに比べると物足りないかな。でも、美瑛のスケール感は日本じゃないと思う!地形的なものだと思うけど、美瑛の丘の傾斜がアルデンヌに比べてアップダウンが極端だなって印象を受けたわ。アルデンヌの丘はとても緩やかに弧を描く感じで広大さがある。あとは、美瑛周辺にはたくさんの山があるのはアルデンヌとは違うかな。アルデンヌにも山はあるけれど山というよりも少し大きめな丘かな。

ぼくの感想

美瑛は噂どおり美しいヨーロッパ風の田舎風景が見れる場所でした。ただ、どこまでも同じ風景が続くアルデンヌの田舎風景とは違い、エリアが限られていました。

美瑛周辺や郊外はヨーロッパの風景ですが。車で少し走れば、「お、日本やな」って感じる山岳地帯だったり、北海道の広大な風景も広がっています。これも面白いですよね。

ふと知り合いに言われた「北海道とフランスの田舎風景って何が違うの」という言葉から今回美瑛に来て、妻の実家であるシャンパーニュ・アルデンヌの田舎を垣間見ることができました。

やはり言われて見ないと気づかないし、行動しないと気づかないことがたくさんあるので知り合いに感謝です(笑)

美瑛で物足りな方は、一緒にフランス・シャンパーニュの田舎宿にいきましょう。ご連絡はこちらからです。↓